シンポジウム2018
被災地芸能の現状と課題

日時 平成30年3月21日(水・祝)13:30~
会場 大船渡市民文化会館・マルチスペース

■ 芸能鑑賞
大震災を越え 踊り継ぐ 甫嶺獅子舞

■ 基調講演
「被災地芸能のその後と特徴」
講師 阿部 武司 氏 (東北文化財映像研究所長)

  「支援活動と今後の展望」
講師 狩野  猛 氏 (民族芸能研究センター理事長)

■ パネルディスカッション
◎ コーディネーター 阿 部 武 司 氏
◎ パネラー
狩 野   猛 氏
芳 賀   衛 氏(大槌町・吉里吉里鹿子踊保存会 会長)
佐 藤 光 男 氏(大船渡市・仰山流笹崎鹿踊保存会 会長)

主催 大船渡市郷土芸能活性化事業実行委員会
補助 文化庁(文化芸術振興費補助金:文化遺産総合活用推進事業)