大船渡市の郷土芸能のさらなる発展と継承を目指して

根白虎舞

konpakutora

起源伝承

                     

明治8年に、時の県令(県知事)がこの地方を巡視した折に、途絶えていた「虎舞」を復活し、歓迎の余興として踊られたという。
以後、今日まで続いている。
根白の青年達に伝授したのは、唐丹村大石の花崎与太郎という人であったと伝えられている。

由来伝承

                     

「国姓爺合戦」の中に登場する人物や筋書きを取り入れて、舞踊化したものである。
この物語では、明国の重臣の子である和藤内の活躍が書かれているが、剛力であったことのエピソードの一つ、「虎退治」の場面を演じている。

特徴

踊りの特長

  • 踊り手
    十四名(ささら一名・和藤内一名・虎二名・槍使二名・笹踊り八名)
  • 囃子方
    四名 (大太鼓一基で両面を使用、 笛二名)
  • 笹踊り
    和藤内が明国へ向かう途中、笹薮から大虎が出たので、これを退治する模様を演じたもの。
  • 御神楽
    いわゆる道中踊りで、他の舞踊から取り入れたもの。
団体名 根白朋友会
芸能名 根白虎舞(こんばくとらまい)
発足 年月日不詳
代表者名 木村茂行
連絡先 このホームページよりご連絡ください。

お気軽にお問い合わせください。

PAGETOP
Copyright © 大船渡市郷土芸能協会 All Rights Reserved.