大船渡市の郷土芸能のさらなる発展と継承を目指して

田植踊り

田植えの様子を舞踊化したもので、一般的には正月期間に行われ、屋外で演じる「庭田植え」と、室内で演じる「座敷田植え」に大別され、「物まね」をすることでその年の豊年を祈願する「予祝」の意味を持ちます。
岩手県内の田植踊りは気仙・東磐井型・胆沢型・和賀型、中部型(盛岡市周辺)などに分類され、気仙地区は庭田植え。
苗代づくり、田植え、稲刈りなど、作業を模した踊りが順番に踊られていきます。

PAGETOP
Copyright © 大船渡市郷土芸能協会 All Rights Reserved.