大船渡市の郷土芸能のさらなる発展と継承を目指して

扇流ゑびす太鼓

ebisu

由来伝承

                     

日豊穣の海、吉浜湾を眼下に、はるか太平洋を望む当地、扇洞漁港には古くから海上、漁業の守り神である恵比須様が奉られ、地元民にとって、幼少よりなじみ深いシンボルとなっています。
扇流ゑびす太鼓は、この恵比須様を奉る創作太鼓として、昭和五十一年に誕生しました。
以後、吉浜五年祭をはじめ、婚礼等のめでたい席での余興として定着しております。

特徴

合わせ太鼓に始まり、大漁太鼓、ゑびす太鼓、あばれ太鼓の四部構成で、漁家の思いや願いをばちに込めます。
合わせ太鼓は、単調な節の中にも、太鼓叩きの心を一つにしていく、いわばプロローグです。
大漁太鼓は、沖で大漁の入船が水揚げを終え、意気揚々と再び出漁していく様を、ゑびす太鼓では、大漁に喜ぶ恵比須様の姿を表現します。
そして、締めはあばれ太鼓で、漁師の勇壮な心意気を鼓舞します。

団体名 扇流ゑびす太鼓保存会
芸能名 扇流ゑびす太鼓(せんりゅうえびすだいこ)
発足 昭和51年5月
代表者名 新沼康太
連絡先 このホームページよりご連絡ください。

お気軽にお問い合わせください。

PAGETOP
Copyright © 大船渡市郷土芸能協会 All Rights Reserved.