大船渡市の郷土芸能のさらなる発展と継承を目指して

獅子舞・権現舞

獅子舞・権現舞とは

「権現舞(ごんげんまい)」は「獅子舞(ししまい)」の一種ですが、当地方での「獅子舞」は、「権現舞」と同じものを指します。
山伏神楽の演目である「権現舞」をルーツにしているからです。

山伏神楽とは

東北地方の山伏たちの伝承する神楽。
権現と称する獅子頭に神を勧請(かんじよう)し、家々で悪魔払い・火伏せをし、また余興として劇的舞曲を演じます。
岩手県の早池峰(はやちね)神楽や秋田・山形両県の番楽などがよく知られています。
この神楽の演目に「権現舞」と呼ばれる「獅子舞」があります。

獅子舞は伝統芸能の一つで、日本全土で行われておりバリエーションは多岐にわたります。
大きく分けて、伎楽(ぎがく)系、風流(ふりゅう)系があり、関東や東北地方は風流系獅子舞が一般的です。

風流系獅子舞とは

1人が1匹を担当し、それぞれが腹にくくりつけられた太鼓を打ちながら舞うのが一般的で、当地方で言う「鹿踊り」に近いものです。

PAGETOP
Copyright © 大船渡市郷土芸能協会 All Rights Reserved.