大船渡市の郷土芸能のさらなる発展と継承を目指して

西舘七福神

nishidate

由来伝承

今日の私達が日常生活を営むうえに五穀豊饒、大漁万作、商売繁盛、無病息災を願わざる者はありませんが、その守り神としてこの七福神を崇拝するところであります。

末崎地方の伝説によりますと、鎌倉幕府の北条時頼時代に仏体、神輿、楽器を乗せた船が音楽を奏でながら泊里浜に漂着したのを祭祀したのが、 私達泊里地方の鎮守熊野神社であります。
それ以後、数百年以上の久しきにわたり、私共の七福神は祭典には欠かさず奉献され、今日に至っております。

踊りの特長及び種類等

  • 大黒舞
    五穀豊饒の神
  • 恵比寿舞
    大漁祈願
  • 福禄寿
    無病息災の神
  • 毘沙門天
    悪魔退散
  • 寿老人
    家内安全
  • 弁財天
    無病息災
  • 大黒天
    五穀豊饒の神

以上7人で、それぞれの神様を囃子に合わせ道化を入れて、舞う時間は約15分の舞であります。

団体名 西舘七福神保存会
芸能名 西舘七福神(にしだてしちふくじん)
発足 昭和27年4月
代表者名 武田 隆
連絡先 このホームページよりご連絡ください。

お気軽にお問い合わせください。

PAGETOP
Copyright © 大船渡市郷土芸能協会 All Rights Reserved.