大船渡市の郷土芸能のさらなる発展と継承を目指して

七福神

七福神の形ができあがったのは室町時代の末期、一休和尚が深く関わっていたとされています。

七福神の「七福」について確固とした記載が無く通説様々です。

七福神は「大黒天」「恵比寿天」「弁財天」「寿老人」「福禄寿」「毘沙門天」「布袋和尚」の七人で、恵比寿天だけが日本の神様で、大黒天と弁財天、毘沙門天はインドから、そのほかの三人は中国の神様です。

PAGETOP
Copyright © 大船渡市郷土芸能協会 All Rights Reserved.