大船渡市の郷土芸能のさらなる発展と継承を目指して

坂本沢鹿踊り

sakamotozawa

由来伝承

                     

坂本沢鹿踊りは、今から240年前、明和3年(1766)8月、 庭元である屋号:案堵屋敷十二代「卯太郎」が二十歳の頃、与力として仙台公に仕えていた当時、宮城県本吉地方へ出入りしており、歌津村与力伝七という人と親交の間柄であった。
伝七は、本吉郡入谷村神崎様御将覧祓入行山流鹿踊り初代行山免四郎兵衛より六代目を相伝しており、卯太郎は伝七の弟子であることの証文を明和3年7月8日、また、後のための相伝のものなりとして明和3年8月吉日、本吉郡伝七より卯太郎殿惣門衆中として相伝状を頂いている。
更にまた、それより22年後の寛政10年(1798)7月、入谷村鹿踊り九代行山免弥惣治という人から、歴代行山免の年代表を授かり、庭元:案堵屋敷に保存されている。

特徴

同じ他の行山流本吉系の扮装に比べ、あっさりとしており、祖霊供養や祝福五穀豊穣を祈る鹿踊りそのものの扮装であり、先人達が異なること無く伝えられて来た。
また、踊りは足踊りと代々厳しく言い継がれ、拍子も幾分遅く落ち着きはらった堂々とした踊りである。
踊りの十八番に「三人狂いの君川」という踊りがあり、ナカダチ、シガリ、クチツの三役の太鼓のバチさばき、足の使い方と技量を要する踊りで、最も大事にしている。

団体名 坂本沢芸能保存会
芸能名 坂本沢鹿踊り(さかもとざわししおどり)
発足 昭和47年9月1日
指定日 昭和51年10月1日
代表者名 新沼 勝
連絡先 このホームページよりご連絡ください。

お気軽にお問い合わせください。

PAGETOP
Copyright © 大船渡市郷土芸能協会 All Rights Reserved.