大船渡市の郷土芸能のさらなる発展と継承を目指して

鹿踊

鹿踊(ししおどり・しかおどり)は、岩手県・宮城県・愛媛県宇和島市周辺で受け継がれている鹿頭(ししがしら)を、かぶった踊り手による一人立ての獅子舞のことです。

シカの頭部を模した鹿頭とそれより垂らした布により上半身を隠し、ささらを背負った踊り手が、シカの動きを表現するように上体を大きく前後に揺らし激しく跳びはねて踊る。
踊り手が演奏を行うかどうかで大きく2つの系統に分けられる。
踊り手が演奏を行わない「幕踊系」では、踊り手は鹿頭から垂らした布幕を両手に持って踊り、踊り手とは別に祭囃子の演奏者がいる。
踊り手が演奏を行う「太鼓踊系」では、腹につけた締太鼓を叩きながら踊る。
「幕踊系」は主に旧南部氏領(盛岡藩)岩手県北部から中部に分布し、「太鼓踊系」は主に伊達氏領(仙台藩・一関藩・宇和島藩)岩手県南部から宮城県、愛媛県宇和島市周辺に分布する。

PAGETOP
Copyright © 大船渡市郷土芸能協会 All Rights Reserved.